韓氏意拳、中野の初級講習会(8.27)

投稿日: カテゴリー: 未分類

IMG_0279(写真は講習会の前に食べた中野の〈トリコカレー〉のカツカレー)   一昨日水曜日の夜は中野の新井区民活動センターまで韓氏意拳の講習会に行ってきた。 体験参加の方とはじめたばかりの方が数人いたので、基本のコアの部分からゆっくりと丁寧に進められた。 といっても、韓氏意拳は練習が進んでも進まなくても、いつもやることの中心部分はおなじ。 運動の状態に深く侵入し、そこからもたらされる身体条件を体認し、全身の自然な表現を見ていくこと。 北陸の実家から東京にもどってきたばかりで、多少の疲れはあったが、しっかりと集中した稽古ができた。 終わってから内田先生に呼びとめられ、すこしだけ個別に稽古をつけてもらった。 手把手で深い気づきを導かれながら、深く集中することができた。 もう一年以上やっているが、なにか自分の身体のあらたな声が聞こえたような気がした。 私にとって韓氏意拳は、いまや、ピアノ演奏などの表現行為にも、朗読演出にも、音読療法にも、まったく欠かせないものとなっている。 とくに表現にもたらされた変化は大きい。 このことは私が韓氏意拳を知るきっかけとなったボイスパフォーマーの徳久ウイリアムくんもいっているし、ほかにも演奏者やダンサーなど、表現をやっている何人かの方がおなじようなことをいっている。 ちなみに、現代朗読協会「羽根木の家」で毎月おこなっている韓氏意拳体験&初級講習会の次回は、9月28日(日)の開催です。 詳細と申し込みはこちら。   (現代朗読協会主宰・水城ゆう)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です