現代朗読についての覚え書き

投稿日: カテゴリー: ボス通信, 現代朗読考

基礎コース現代朗読の体験講座や基礎コース、あるいはゼミ体験に参加する人たちに配っている一枚のプリントがある。
というより最近作ったんだけど。
ここに、現代朗読を学んだり練習したり実践していく上で心がけておきたいことを、いくつか簡潔にまとめてあるので、紹介しよう。

――――――
1. 現代朗読には「……しなければならない」「……してはならない」という考え方はありません。
では、どうすればいいのか?
なにをするのか?

2. 現代朗読にはお手本はありません。お手本を示す先生もいません。
主宰の水城は朗読者ではありません。「こう読みなさい」ではなく「どう読みたいの?」という問いをつねに発します。また、それぞれの朗読者の自分でも気づかないポテンシャルを引きだす演出の専門家でもあります。

3. 現代朗読の表現も運営も「共感的コミュニケーション」というコミュニケーション・スキルをベースにしています。
ひとりひとりの存在のユニークさを大切にします。
だれかに自分のすぐれていることを誇示するのではなく、オリジナリティや存在そのものをただ提示します。

4. 評価(ジャッジ)を手放す。
現代朗読ではお互いを批評したり、評価したり、非難したりということは一切やりません。
お互いに受け止め、お互いがなにを大切にしているのか、そのことを尊重しあいます。
なので、安心してどのように表現してもいいですし、どのようなことも話していいのです。

5. なにを伝えるのか、なにが伝わるのか。
テキストの内容は結果的に伝わりますが、それが主目的ではありません。
現代朗読でもっと大切にしているのは、朗読している主体である自分自身のありようです。

6. 朗読は身体表現です。
口まわりももちろんのことですが、呼吸、姿勢、身体全体が表現のクオリティに深く関わっています。
現代朗読では自分の身体性に深く注目することを大切にしています。その注目と感受の深さが表現のクオリティを決定します。

7. マインドフルネスを練習します。
記憶、経験、回想、想像、計画、不安、評価といった思考をてばなし、自分がいまここにいること、自分自身とまわりのことに気づきつづけている状態のなかで、どのように自分が表現するのかを発見していきます。

8. たくらみを捨てる。
自分がどのように表現したがっているのかは、その瞬間にならなければわかりません。
あらかじめこう表現しようと決めて朗読するのは「たくらみ」であって、過去の自分の思念です。
それを手放し、偶有性の世界に勇気をもって踏みだしていきます。
——————

※現代朗読体験講座2月の開催は、2月1日(土)です。
詳細とお申し込みはこちら
※現代朗読ゼミの体験参加を随時受け付けています。
詳細とお申し込みはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です