11月23日:現代朗読WS@名古屋クロッキーF美術館

投稿日: カテゴリー: 学ぶ

dsc02396普段は東京で活動している現代朗読協会ですが、今年2016年はNPO法人として認可・設立して満10年を迎えました。
名古屋でも何度か大小の公演やワークショップを開催してきたご縁から、このたび「現代朗読のいま」をすべて詰めこんだライブ付き半日ワークショップを開催することになりました。
進化・深化した現代朗読をこの機会にぜひ体験してください。

朗読は「おはなしを伝える」ことが目的でおこなわれますが、それだけでなく「ひと前で読む」「朗読する自分自身も伝わる」という表現としての側面も大きいのです。
現代朗読はそこにスポットをあて、「表現としての朗読」の楽しさを追求してきました。
またことばや声を使う「音声表現」としてのみならず、「発声する身体」という身体表現としての側面も重視しています。

このワークショップでは、朗読表現の世界に革新をもたらした「現代朗読」の手法・考え方を体験できるほか、現代朗読から派生した音読療法や、現代朗読が得意とするコンテンポラリー・マス表現である「群読パフォーマンス」も体験し、最後は共感的表現の場としてのミニライブをおこないます。

◎日時 2016年11月23日(水/勤労感謝の日)13:00〜19:00
◎会場 名古屋クロッキーF美術館
(466-0012)名古屋市昭和区小桜町3-20-2

◎受講料 5,000円
■講座内容のあらまし
・身体表現としての朗読におけるトレーニング法体験
・朗読表現のための身体エチュード体験
・群読エチュード体験
・ミニライブを想定した発表に向けてのグループワーク
・最終ミニライブ
・お互いのフィードバック

※参加申し込みおよび問い合わせは、こちらのフォームからメッセージ本文に「名古屋WS」とご記入ください。

※講師は現代朗読協会主宰の水城ゆうです。
水城の著書
『現代朗読考――コンテンポラリーアートとしての朗読』(Kindle 324円 http://amzn.to/2bhq859 )もご参考までにどうぞ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です